適職に関する手相    知能線  芸術系

適職に関する手相   知能線   芸術系

知能線

親指と人差し指の間から、反対側の小指下に伸びる線



知能線は物事の考え方があらわれる線で、その形によってどんな思考タイプかが、わかります。

知能線が長いか短いかによって考えるスピードを、カーブの曲がり具合で表現の柔らかさをみることができます。

仕事面においては、その人の知能線がどんな意味をあらわしているのか知っていると、どの職業に向いているかがわかります。

また知能線がどの方向に向かって伸びているかで、その人がどのような才能の持ち主であるかも読み取ることができます。

数字に強く、現実的な物事を処理する分野に向いているのか。

それとも想像力豊かで、自分の内面を表現して人を感動させる分野が向いているのか。

知能線の意味を読み取って、自分に合う職業を見つける時の参考にしましょう。





1625876491446-0c28e.jpg

知能線が月丘(小指下方のふっくらしている部分)下部で終わっている


感性豊かで想像力があり、芸術的センスに優れています。

独創的なアイデアが次々にわき上がってきて、さらにそれを表現することに長けています。

画家、音楽家など、人を感動させるものをつくる仕事に向くでしょう。

ただ、理想が高く妥協しないため、周囲と折り合いがつかず孤立することも。

プライドが高いので、自分に批判的な人を嫌います。

本人と社会との仲介役となる、サポート役が必要かも。

子どもにこの相がある場合は、絵画などの習い事でセンスを磨いていくとよいでしょう。





手相は自分自身を写す鏡です。

自分自身を見つめ直すためにも見てみるとよいでしょう。














この記事へのコメント