金運に関する手相   知能線   人の良さを利用され大金を失う

金運に関する手相   知能線  人の良さを利用され大金を失う


知能線

親指と人差し指の間から、反対側の小指下に伸びる線


知能線はその人がどんな思考タイプかをあらわします。

知能線の先端が手のひらのどこで終わっているかで、お金に対する考え方も読み取ることができます。

知能線が月丘(小指下方のふっくらしている部分)の中部~下部あたりまで下がって終わっている人は、稼ぐことに興味がなく、お金はあるだけ使ってしまうタイプで、なかなか貯金もできません。

金運が良いのは、月丘上部以上の高い位置で終わる知能線を持つ人です。

月丘上部で終わっているとお金への関心が強く、事業で成功することが多いでしょう。

第二火星丘(感情線の始点下あたり)なら金銭感覚が鋭く、お金を動かす能力があります。

水星丘(小指の付け根下あたり)なら観察力や判断力に優れ、お金を得るアイデアも豊富。

太陽丘なら物欲が強く、計画的にコツコツ貯金します。





1552653730032-54c1d.jpg


知能線が途中から薄くなっている


人に騙されやすいことを暗示しています。

人の良さにつけこまれてお金を失わないよう、怪しい儲け話には気をつけましょう。





手相は自分自身を写す鏡です。

自分自身を見つめ直すためにも見てみるとよいでしょう。












この記事へのコメント