仕事、人間関係に関する手相   運命線   不景気な時にこそ成功

仕事、人間関係に関する手相   運命線   不景気な時にこそ成功



運命線

中指に向かって出ている縦線

視点はどこでもOK


運命線は名前の通り、自分の運命、つまり人生を、どれだけ充実させているかをあらわしています。

運命線がはっきりと濃く出ていれば、現在の状況が充実していて、仕事でも大いに力を発揮しています。

線がはっきりしていなくて薄い場合は、仕事を頑張ってはいても、力を出しきれていないことをあらわします。

運命線がどのような形をしているかで、その人の仕事との関わり方も読み取れます。

まっすぐ1本であれば、ひとつの仕事にやりがいをを感じ、生涯その仕事仕事を続けるでしょう。

線がところどころで切れていれば、職場や職種を転々とします。

また、趣味を仕事にしている場合は、運命線がないこともあります。





1548998219101-fbef2.jpg


運命線が第一火星丘(親指の付け根辺り)から始まっている



時代の流れを読むことに長け、不況で社会が不安定な時こそチャンスを成功します。






手相は自分自身を写す鏡です

自分自身を見つめ直すためにも見てみるとよいでしょう。












この記事へのコメント