10月22日  1+0+2+2=5   誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して5になる誕生日の人

10月22   1+0+2+2=5
誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して5になる誕生日の人


1512198847946-8409f.jpg

2019年の誕生日から今年の誕生日まではサイクル8充実

願望達成、実現の年。9年サイクルの中で最も、現実的が形になりやすい年です。
今まで積み重ねてきた想いや行動が現実的な形になりやすい年。
良い流れを感じたら一気に「流れ」に乗ることが大切です。
残念ながら、これまでにたくさんのネガティブなエネルギーを投げ掛けてきたとすれば、受けとる成果もネガティブなものになることは避けられないでしょう。「次の9年周期の波」に乗るための大切なポイントとなるでしょう。




今年の誕生日から来年の誕生日まではサイクル9完結

9年周期の仕上げの年です。これまでの9年間を振り返り、整理しながら形に残していきましょう。ここまでの9年間に一区切りつけてリセットし、今まで持っていたものをいったん手放す時期でもあります。
新たな周期を気持ちよくスタートさせるためにも不要なものは手放し、できるだけ気持ちを切り替えておくよう心がけましょう。


恋愛、人間関係では

この時期は人間関係においても「区切り」の時期。
特に今までお付き合いしてきた人との関係を見直すタイミングが訪れています。「本当に人と、これからの9年周期も付き合っていく覚悟があるのか?」を自らの内面に問いかけてみましょう。
ひとまず距離を置いてみることで、お互いに見えてくるもの気づくこともあるでしょう。
たとえ、長年連れ添った夫婦であっても、マンネリな関係にただ、流されるのではなく、真剣にお互いの関係性を見つめ直す、良いチャンスだと捉えて、今後の方向性について本音で話し合ってみる時期です。


お金、仕事では

仕事についても切り替えのタイミングに当たっています。
今までの8年間を振り返り、自分がどんなことをやってきたのかを客観的にまとめてみましょう。
その方向性のまま、これからの9年周期も進んで本当にいいのか ━。を自らの内面に真剣に問いかけてみる時期です。
新しい方向性を模索するのなら、興味のある分野の知識を習得するための勉強や行動が必要になる1年です。
転職を考えているのなら、この1年はしっかり準備して、サイクル1発展になってから動いたほうがよいでしょう。
仕事もモノも人間関係も、残すものをはっきりと区別すること。
そこで情に流されて執着しないよう要注意です。


健康、生活では

健康面では全体のバランスを崩しやすくなる時期です。
大きな節目の時期に当たっているので、心身のバランスが崩れてしまって、さまざまな症状が出る可能性があります。
今までの9年間の頑張りに対して肉体面での労りも必要で、ゆっくり温泉に浸かりに行くのも心身のリフレッシュのために効果的です。
これまでの9年間を振り返り、自分の内面を見つめ直すためには最適なタイミングなので、ここはあまりアクティブに動き回るのではなく、不用品の処分、身の回りの整理整頓など、心身ともにデトックスすることを心がけ過ごしましょう。




10月はサイクル1発展

9ヶ月周期のスタートです。これからの9年間の「流れ」の方向性を決める非常に重要な月に当たります。
この時、何より大切なこと、向かうべき方向性を決めて、そこに向かって1歩を踏み出し、スタートを切ることです。
この月に明確な方向性を打ち出しておかないと、あやふやな9ヶ月周期を過ごすことになるでしょう。


恋愛、人間関係では

新しいことを始めるには最適なタイミングです。
長くお付き合いしている相手との結婚、出産など、今までとは違う新たな形で、お付き合いを深めていくのにはぴったりです。
「新たな出会い」が訪れやすい時期でもあります。
恋愛にも、今までとは違う「流れ」を引き寄せる絶好のチャンスです。
新しい自分を意識して積極的に動いてみましょう。
「新しい出会い」を本気で求めるのなら、前の恋を引きずったままだと、恋愛面を中心にそのあやふやな「流れ」が、ここからの9ヶ月間、ずっと続いてしまうことになるのできっぱり手放しましょう。


お金、仕事では

今まで温めていた新しい企画やアイデア、新規プロジェクトなどをスタートさせるのには最も適した月に当たります。
独立を考えているのなら「サイクル1発展」のこのタイミングを逃さず動いてみるとよいでしょう。
ただし、金銭面では「出ていく」時期に当たっているので、そこは覚悟しておきましょう。
思いがけない出費に見舞われることもあるので、ある程度の蓄えがないと苦しくなるかもしれません。


健康、生活では

公私ともに忙しい1ヶ月になるでしょう。
無理が利く時期なので、ちょっと頑張って精力的に動いてみることをお勧めします。
もし、この時期に病気や怪我を体験した場合は要注意です。
今までの生き方や方向性が間違っているという合図の可能性が大きいので、無理せず慎重に体力の回復に努めて、今までの人生を見直してみたほうがよいでしょう。
新しい趣味や習い事を始めてみるのにもよいタイミングです。
この時期に趣味で始めたことが、後々仕事に繋がる可能性もあります。
あくまでも「好きなこと」に挑戦してみる姿勢が大切です。






10月の厄日    10月1日、10日





10月22日生まれの適職

美術、旅行、観光、外交官、外資系企業、法曹界、インテリア関係の仕事に向いています。



コミニュケーションをとるのが得意で、どのような年齢、どのような背景を持った人とでも話ができるので、セールスパーソンとしても力を発揮できそうです。



今年の誕生日から来年の誕生日まではこれまでの9年間を振り返り、気持ちを切り替えていく時期です。
その中の10月は、これからの9ヶ月間の流れの方向性を決める非常に重要な月に当たります。
気持ちを切り替えて、過ごすことが大切です。













この記事へのコメント