3月20日  3+2+0=5  誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して5になる誕生日の人

3月20日  3+2+0=5
誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して5になる誕生日の人


1512198847946-339fd.jpg

今年の誕生日から来年の誕生日まではサイクル8充実

願望達成、実現の年です。9年サイクルの中で最も現実的な形で成果を受けとることができる1年。今まで積み重ねてきた想いや行動が現実的な形になりやすい時期。良い流れを感じたら一気に流れに乗ることが大切です。残念ながら、これまでにたくさんのネガティブなエネルギーを投げかけてきたとすれば、受けとる成果もネガティブなものになることは避けられないと覚悟しましょう。「次の9年周期の波」に乗るための大切なポイントになるでしょう。

恋愛、人間関係では

運命の人との出会い、結婚、出産など「幸せ」に直結する「お祝い事」が集中しやすい1年です。そうした「おめでたいこと」は、この時期から始まっていることも多いでしょう。ただ、いずれにしても、ここが「ゴール」ではありません。あくまでも、この1年も、流れの中のひとつのプロセスと考えて、また、新たな周期が始まることを意識してふたりの関係性を深めていく努力を怠らないことが大切です。

お金、仕事では

「サイクル8充実」の側面が最もストレートに反映されるのが、お金、ビジネス面だといえるでしょう。ビジネス面では、少し強気で攻めていってもよいタイミングです。ただし、調子に乗りすぎて強欲になったり、傲慢に振る舞ったりすると足元をすくわれます。謙虚さや周りへの感謝を忘れると、思わぬところに落とし穴が待っていることもあるので注意しましょう。

健康、生活では

この時期は張り切りすぎて、オーバーワークに陥る傾向があります。寝不足によるイージーミスや事故、アクシデントには要注意です。飲み会など外食が続く傾向もあり、耕カロリーの食事を取り続けると肥満傾向に陥るので注意しましょう。
お金回りが良くなると浪費する傾向もあります。高価な買い物はパートナーや家族の意見に耳を傾けて、ゆっくり考えてみる余裕を持つことが大切です。



3月はサイクル11動揺   厄月

特に精神面で安定せず、心理的な迷いが増幅されて出やすく、常に気持ちが揺れ動く1ヶ月になるでしょう。人間関係において、精神的にショックなこと、心理的にダメージを受けるような出来事が起こりやすい時期です。新しい方向性に向かって成長していくためには、古い関係性はいったんケジメをつける必要があるのです。ここを上手く乗り越えれば、一気に「流れ」は加速することになります。自らの直感を信じて、最後は自分で決めて責任をとる覚悟が大切です。

お金、仕事では

この1ヶ月は、仕事そのものよりも、仕事上での「人間関係」に注目する時期です。どんな仕事であっても、そこに人間がいる限り、人間関係を抜きに仕事を語ることはできません。仕事で関わるすべての相手をひとりの「人間」とみなすか「モノ」として扱っているのか。そこが人間関係のトラブルの原点です。人間関係で問題が起きているということは、その姿勢を見直す必要があることに他なりません。人間関係を整えることにエネルギーをかけても、すぐに成果は得られないかもしれませんが、だからこそ、この時期に手を抜かない姿勢が大切で、逃げずに正面から向き合う姿勢が大切です。

健康、生活では

人間関係のトラブルが精神面に影響を与え、それが肉体面にも直接出てしまうような、そんな1ヶ月になりそうです。人間関係で傷ついたダメージを癒すのは、やはり人間関係でしかありません。誰かに「癒してもらいたい」と思うのは無理もありませんが、あなたの心傷を癒せるのは、あなたしかいません。ですから、まずは、自分自身を癒すことに力を注ぎましょう。気の良い場所に身を置き、気の良い食べ物を取り精神的なダメージをゆっくり回復させることが大切です。この時期は特にスピリチュアルなワークやヒーリングなどを受けるのもお勧めです。





3月の厄日    3月29日




3月20日生まれの人の適職

情報通信、営業、セールス、スポーツ、音楽、演劇などの分野の仕事に向いています。


人とコミニュケーションをとる職業に向いています。あなたのアイデアや発明が尊重されるような職だと、なお良いでしょう。何らかの形でテクノロジーに関わる分野の仕事は、そこが活発で明敏な頭脳に更なる刺激を与えてくれそうです。
我慢することが苦手なので、幅広くさまざまなことを経験できて、常に頭の中を忙しくしておけるような職を選びましょう。身も心も活発に動かしておく必要があります。





今年の誕生日から来年の誕生日までは、今までの成果を受けとる時期に当たっています。その中の3月は、厄月に当たっています。運気が下がる時期なので気をつけてお過ごし下さい。

 









この記事へのコメント