10月2日  1+0+2=3  誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して3になる誕生日の人

10月2日  1+0+2=3
誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して3になる誕生日の人


1515300929402-f6d28.jpg

今年の誕生日から来年の誕生日までは、サイクル5変化

変化の波が激しく刺激的ですが不安定な1年です。自由に動いて新しいことを試してみるのにはよい年ですが、すぐに成果は受け取れないかもしれません。人間関係が大きく広がり、いろいろなタイプの人とのコミニュケーションの機会が広がる1年になるでしょう。この時期、人間関係でのトラブルは避けられないと覚悟しましょう。精神的にも動揺しやすく落ち着きません。しかし、「変化する」ということは「波に乗っている」証拠だと割りきり、自ら積極的に変化し続けることがこの年のポイントです。


恋愛、人間関係では

身近な人間関係においても「変化」のタイミングです。人生のステージが変わる時期なので、今ではとは違うタイプの人と出会うチャンスが増えてくるので、意識的に新しい出会いを求めて動いてみることをお勧めします。恋愛、パートナーシップでは、ふたりの関係性が微妙に変化し、波風が立つことになるのも避けられないでしょう。インパクトの大きな「事件」が起こりやすくなるので覚悟しましょう。これをきっかけにふたりの絆が深まるか別れが加速するのかはふたり次第です。

お金、仕事では

人間関係が広がることによって、新しいビジネスのフィールドが広がります。体調管理に気をつけて、いつでも自由にフットワークを軽くしておくことが大切です。この1年で、たくさんの人と出会うことになり、様々なアイデアや企画が生まれ発展していくでしょう。しかし、たくさんの出会いがある反面、忙しくなりすぎると結果時に中途半端に終わってしまう可能性もあるので要注意です。ある程度が直感を信じて、即断即決していくことが、この時期の流れに乗り、成果を出すためのポイントになるでしょう。

健康、生活では

肉体面よりも精神面での健康管理に注意が必要です。精神的な負担を感じやすい時期なので、疲れたなと思ったら、行き詰まる前に気分をリフレッシュさせる工夫を心がけることが大切です。
部屋の模様替え、リフォーム、引っ越しなど、見慣れた環境を変化させるのにはよいタイミングです。ただし、家の購入や転職など、人生の進路に大きな影響を与える決断は、身近な人の意見を聞いて慎重に進めましょう。



10月は、サイクル6愛情

信頼と援助の1ヶ月です。身近な人間関係の中で「愛情」の絆や深さを試されるような出来事が起こりやすい時期。この時期は、「良いこと」「悪いこと」も起こる可能性があります。起こった出来事に対して、どう対処していくかが、今後の人生を決める分岐点になるでしょう。

恋愛、人間関係では

夫婦や恋人同士の間で、「問題」が浮く彫りになってきて、様々な現象が起こりやすい時期に当たっています。結婚が決まったり、おめでたが分かったりという嬉しい出来事も起こりやすくなる反面、離婚問題に発展するような問題も起こりやすくなるので要注意です。また、親子や家族や身内の人の間で、お金や健康問題のトラブルも発生しやすい傾向にあります。いずれにしても、そうしたトラブルから逃げないこと。そこに最大の学びがあり、人生のギフトも隠されていると覚悟しましょう。

お金、仕事では

ビジネス上においても、身近な人との関係で「問題」が発生しやすい1ヶ月になるでしょう。そこで相手を責めてみても始まりません。何故、その相手がそういう行動に出たのかを考えら自分の態度に問題はなかったのかを省みる機会にしないと、同じような問題を繰り返すことになってしまいます。どんなことが起こっても、文句をつけるところはどこにもないと腹を決めること。その強い覚悟が大切です。

健康、生活では

暴飲暴食には注意しましょう。肥満傾向に陥る傾向があります。女性は、婦人科系の病気にも注意を払ったほうが良さそうです。定期検診等を受けることをお勧めします。
思いがけないギフトを受けとる可能性もあります。それを独り占めしようとすると、後で痛い目に遭う可能性が高くなります。やってきたものは身近な人と分かち合うことを意識すれば、さらに大きなギフトとなって返ってくるので、気前よく分け与えましょう。



10月の厄日   10月7日、16日、25日




10月2日生まれの人の適職

マスコミ、社会福祉業、教師、心理学者、カウンセラー、政治家、デザイナー、セールス、販売促進などの仕事に向いています。

人とのコミニュケーションを伴う仕事に就くことになりそうです。交渉に関わる仕事、指針に従って人のサポートをするような仕事も向いています。ただし、しっかりとした倫理基盤を感じられることが不可欠です。









この記事へのコメント