9月27日  9+2+7=18  1+8=9  誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して9になる誕生日の人

9月27日  9+2+7=18  1+8=9

誕生日の月、日にちの数字を一桁ずつ足して9になる誕生日の人


1514780245539-20ccb.jpg

今年の誕生日から来年の誕生日までは、サイクル2協調

忍耐と協力を強いられそうな1年。縁の下の力持ち、サポーター役に徹するとよい年です。自己主張は少し控えて協調していくことが求められる時期なので、「バランス感覚」が何より大切です。目立った変化が見られないので焦るかもしれませんが、自分を信じて進みましょう。

恋愛、人間関係では

この時期は人間関係のトラブルが出やすい時期です。パートナーシップや恋愛関係では迷いが出やすくなり、気持ちが不安定になりがちで、相手のことが信じられず、すれ違いに陥ってしまう傾向もあります。これは、「1」で決めた方向性に対する「試練」と考えましょう。そんな時こそ、原点に戻って、相手の話をきちんと聞こうと意識して、自分の意見を主張するのは少し控えて、相手の言い分に素直に耳を傾けることが、仲良くなるための近道となるでしょう。

お金、仕事では

この時期、ビジネスメンテナンス面ではっきりとした目に見える成果を追い求めると辛くなります。まだ、「お手入れ」の時期なので、ここで成果を求めても無理が生じます。仮にある程度の成果があったとしても、それ以上の成果は望めなくなります。ある程度、利益が出たとしても、後々のために、残していくほうが、長い目でみて得策です。そこですぐに成果を求めるのではなく「エネルギーを出すのは先」ということを意識して、見返りを求めず、相手の喜びに貢献しょうとする姿勢が大切です。

健康、生活では

肉体面よりも精神面でのバランスが崩れやすくダメージが出やすい時期です。なかなか思うように物事が進まないため、精神的なストレスも溜まりやすくなるので心しておきましょう。身近な人間関係で、思ってもみないようなトラブルが発生するなど、落ち着かない1年になるでしょう。「1」の年で知り合った人との関係を深めていくように心がけるとよいでしょう。損得感情よりも、精神的にリラックスできて、良い人間関係が築けそうな分野にエネルギーを注ぐことが、心身の健康をバランスよく保つコツになります。



9月は、サイクル11動揺   厄月

人間関係において、精神的、心理的にダメージを受けるような出来事が起こりやすい時期です。特に精神面で安定せず、心理的な迷いが増幅されて出やすく、常に気持ちが揺れ動く1ヶ月です。具体的には、必要以上に恐れないこと。自らの直感を信じて、最後は自分で決めて、責任をとる覚悟が大切です。自分を信じて、本音で大胆に行動しましょう。



10月は、サイクル3創造

新たな動きは出てきますが、すべてがすんなりと上手くいくことはなく、一進一退の波を繰り返す1ヶ月です。具体的に新たな動きや流れが見えてきますが、ここで大きな成果を求めても、失敗する危険性も秘めているので、ここまでの流れを無視せず、新たな芽をさらに伸ばしていく方法を工夫してみましょう。

恋愛、人間関係では

新しい人間関係が広がるタイミングです。趣味や遊びの時間の中から、交友関係が広がり、新たな出会いが見つかりそうです。恋人やパートナーとの関係にも変化が起きるタイミングです。ちょっとした行き違いなどで、ケンカをしてしまい関係にヒビが入るような出来事が起こる可能性があります。ひとりで考えているより、相手に本音を素直に打ち明けれたらよいでしょう。

お金、仕事では

この時期、ビジネス面では、新しい分野に目移りしやすくなりますが、好奇心だけで新規分野に手を出すと、精神的にも金銭的にも痛い目に遭う可能性があるので注意しましょう。新しい人間関係が広がり、様々な誘惑が多くなる時期なので、少し慎重に行動しましょう。簡単に儲かるような「甘い話」に手を出すと足元をすくわれます。反面、思わぬところから新しいビジネスの話があったり、臨時収入が得られるなど、思いがけないラッキーにも恵まれやすい時期です。ポイントは、「無邪気さ」自らの素直な気持ちに従って楽しいかどうかで判断することが大切です。

健康、生活では

思わぬところで、事故やアクシデントに巻き込まれ、怪我をしやすくなる時期なので用心しましょう。きちんと静養すれば、回復も早いので、無理をしないことが大切です。趣味や遊びの分野でエネルギーが高まる時期なので、習い事などに力を入れて本格的に取り組んでみましょう。期間を限定して真剣に取り組んでみましょう。




9月の厄日   9月27日

10月の厄日  10月1日、8日、10日、17日、26日




9月27日生まれの人の適職

企業の経営者や管理職、自営業、ジャーナリスト、フリーランス、建築家、営業、エンターテインメント業界などの仕事に向いています。

論拠のはっきりしない情報は信じないタイプなので、物事を明確に理解できるポジションに就く必要があります。そういったポジションに就くことができたときには、見事に問題を解決し、困難の発生を防いでみることでしょう。









この記事へのコメント