負のスパイラル

最近、よく耳にする「負のスパイラル」意味は悪循環のこと。
マイナスに物事を捉えてしまい、マイナスエネルギーがどんどん増幅されて、悪い方に流されてしまうことを云います。


気持ちを切り替えること、前向きになれないでいると悪いことが続きます。

何とか絶ちきりたいと思っても、「執着心」が邪魔をしていることも。

「負のスパイラル」悪循環に陥らないようにするには、気持ちを切り替えることが1番です。

良いことがないと落ち込むよりも、楽しいことをイメージしながら過ごすことが大切だと思います。


そのためには、

周りの人に対する感謝の気持ちや相手を思いやる気持ちが不可欠です。

自分の都合や周りを省みない気持ちでいると、直ぐに「負のスパイラル」は、やってきます。


完璧な人等、どこにもいない、自分自身もマイナスの部分はあるのだから、人に対して、優しくなければなりません。

「自分さえよければ」という考え方をする人が多ければ多いほど「負のスパイラル」は広がり、マイナスエネルギーが充満してしまいます。

周りの人を大切に、気持ちを前向きに切り替えることが大切です。


今の世の中、様々な事件が起こるのは、このことが抜けている為だと思います。

自分のことしか考えられない人が多くなると、この世にはマイナスエネルギーが充満して、マイナスエネルギーを持つ霊の影響を受けやすくなり、様々な事件が起こりやすくなっています。


この記事へのコメント