お線香で開運

お線香を1日1回、寝室、居間、玄関で焚くと目に見えないマイナスエネルギーや自分とは関係のない霊を浄化することができます。
その時、お線香に火を付けた時にその炎で、これから気をつけたほうがいいと教えてくれることがあります。

例えば
1525157049297.jpg
お線香3本に火を付けた時に、こんなわっかが出たときは

霊の影響が強い時

人間関係、お金の流れ、体調、事故などに特に気をつけたほうがいいという知らせです。


そして

1525157042702.jpg

こんなわっかが出たときも。

自分や周りの人に対して、霊の影響が出やすく、自分に向かってお線香の光の線(突き刺さるような)が出たときは、特に注意が必要だと教えてくれます。

お線香は、仏壇やお墓で立てるのは、ご先祖さまのご供養のためですが、それ以外の場所で焚くとマイナスエネルギーや自分とは関係のない霊を浄化させます。そうすることで、自分自身の気持ちを前向きに切り替えて過ごすことで、明るい未来を築くことになります。

マイナスエネルギー、霊の状況により、お線香をする時に日本酒を少しコップに入れてされたほうがいい場合があります。
午前11時~午後1時の間は、霊の動きが活発な時間帯となるので、その時間帯には絶対にしないようにしましょう。
反って、悪い状況になる可能性があります。

お酒をお線香をする時に置かれる場合は、お線香の先端の火が消え無くなったら、お酒は、流しに捨てるようにされるといいです。










この記事へのコメント